頭髪

育毛剤とは

髪の毛が薄くなってきた時に使いたい「育毛剤」。
昔の製品には男性用しかありませんでしたが、現在は女性用や無添加タイプ、
AGA(男性型脱毛症)専用育毛剤なども登場し、ますます注目が集まっています。

そもそも、「育毛剤」というのは髪の毛を生やすための栄養剤としての役割を果たすものです。
髪の毛は一定の周期で発毛→脱毛を繰り返しています。
毛が生えている動物ならば誰もがこのヘアサイクルにのっとっています。
人間の髪は1日に100本抜けると言われますが、同時に別サイクルで生えてくる髪もあります。

ところが、ストレスや何らかの原因によってこのヘアサイクルが乱れてしまう場合があります。
そして、毛根の活動が低下して髪が生えてこない場所が発生すると
その部分は薄くなり、最終的に「禿げ」てしまいます。

育毛剤はそれらのトラブルに対処するべく、
毛根部分の細胞を活性化させたり、血行を促進して髪に栄養を届ける役割を持っています。

育毛剤にはさまざまな種類がありますが、人によっては配合されている添加物と相性が悪かったり、
効果が出るのに時間がかかりすぎるケースもあります。
効果的な使い方はhttp://xn--xck4c9azd2bz777a1iybba6219bca.com/に載っていますので参考にしてください。

また、生活習慣が極端に乱れていたり、
職場環境などで受けるストレスが強すぎる場合も育毛剤の効果は現れにくくなります。
ですので、育毛剤を使う際は生活環境を整えることも大切です。

育毛剤を効果的に使うためには、環境を整えると同時に、
食事習慣や摂取する栄養素についても見直してみましょう。

ビタミンやミネラルなどは発毛に良い成分といわれていますが、
育毛剤を使って外から頭皮に与えるよりも、食品から摂取して体内に摂りいれた方が効率的です。
食生活の見直しをすることは一見大変にも思えますが、からだが健康になればなるほど、
育毛剤のパワーも発揮されやすくなります。

皮脂量の分泌、肌の状態、血流量、さらには体内環境の改善にともなうストレスの減少、
これらがすべて重なることによって、脱毛しにくい体質ともなります。
育毛剤はあくまで外側からケアするための栄養剤と考え、内側のケアも続けるようにしたいものです。
まだ自分は使わなくても大丈夫と思っている方も予防として育毛シャンプーくらいは使ったほうが良いでしょう。
育毛シャンプーについてはhttp://hair-growth-ranking.com/をご覧ください。