頭髪

市販の育毛剤

最近髪が薄くなってきたなと思った時、皆さんはどんな対策を取っていますか?
ドラッグストアや薬局で購入できる市販の育毛剤を見て回ったり、
良さそうだなと思ったものを使ってみるのではないでしょうか。

昔の育毛剤はとにかく刺激が強く、肌がかゆくなったり、湿疹ができたりといったトラブルが多く、
育毛用の製品なのにどこか人を選ぶような部分がありました。
パッケージもなんとなく中年男性向けのようなものが多く、女性にとっては手の出しにくい物でもありました。

以前はそれほど信頼性のなかった育毛剤も、
頭皮や毛根へ効果的な成分についての研究が進んだおかげで、かなり一般的になりました。

市販の育毛剤は男性用と女性用に分かれていますし、
学生さんが使っても問題のない無添加・自然由来の製品も続々登場しています。
数多くの中からどれを購入しいたらよいのか迷った時にはhttp://blogthereligions.com/point.htmlにかいてあるポイントを参考に選ぶと良いと思います。
また、併せて使うことが理想の育毛シャンプーの選び方はhttp://www.dandreagolf.com/erabi.htmlです。
特に無添加タイプの育毛剤は薬草や漢方に使われる植物、
あるいはかんきつ類や海藻など敏感肌の方でも使える天然成分がたくさん配合されています。

こうした無添加製品が登場する一方で、
市販品の中には「ミノキシジル」など育毛に効果があるとされる成分も使われるようになりました。

ミノキシジルは日本皮膚学会が定めた「薄毛治療ガイドドライン」の中でも、
育毛効果が断トツに高いAランクの成分です。
臨床試験でも証明がされている信頼性の高いものですので、
確実に発毛を望むならばミノキシジル配合の育毛剤を使うと良いでしょう。

実のところ、育毛剤には第1類から第3類まで種類が分かれていて、
第1類については薬剤師がいる店舗でしか販売することができません。
第2類は1類ほどではありませんが副作用に注意を要する製品ですので、
薬剤師か、販売登録者からしか購入することができないようになっています。
この区別は意外に知らない方も多いのではないでしょうか。

なお、ディスカウントストアや通信販売で手に入る育毛剤は第3類医薬品に属し、
安価で副作用の心配もそれほど深刻ではない製品です。
気軽に試すならば、まずは第3類の製品から探してみてはいかがでしょうか。
育毛剤は頭皮につけるものが一般的ですが、飲用タイプもあるそうです。 http://www.gumgum.org/iny.html