頭髪

育毛剤は副作用はない?

育毛剤は頭皮や毛髪のための栄養剤ですが、それと同時に外用薬でもあります。
当然、使用者にとっては副作用があるかどうか気になるところですね。

育毛剤に含まれている成分には、血行を促進したり男性ホルモンを抑制する成分が使われています。
すべての製品に刺激的な成分が配合されているわけではありませんが、
アルコールやメントール、唐辛子などは使う人によっては肌に刺激を感じることもあります。

育毛剤の副作用の症状としては、肌が痒くなる、赤くなる、炎症を起こすなどが主なものです。
じんましんが出る場合もあるようですが、
いずれにしても肌に異常が起きたと感じたらすぐに使用を中止しなければなりません。

特に敏感肌、乾燥肌の方は市販の育毛剤は強すぎると感じるかもしれませんから、
植物成分を使った無添加の育毛剤を使うようにしましょう。http://www.fastpitchforever.com/fuku.html


また、女性が男性用の育毛剤を使う、男性が女性用の育毛剤を使う場合も肌トラブルが起きることがあります。
これは何故かというと、男性用の育毛剤は男性ホルモンのはたらきを考え、
男性の身体に合う成分が組み合わせられているからです。

もちろん女性用についても同じ。
男性が使用してもまったく効果がないどころか、
皮脂が過剰になり脱毛ペースが上がる可能性もあります。
育毛剤ならなんでも同じだろう、と安易に手を出さないように注意しましょう。

副作用は確かに恐ろしいものですが、基本的にすべての育毛剤は何度もテストを繰り返し、
育毛効果と副作用の有無を確認してから発売されています。

肌にトラブルが起きた場合は副作用と見なす必要がありますが、
単に効果がないだけならそれは副作用ではありません。
まずは自分の脱毛の原因を分析し、症状に合った育毛剤を使うことがベストです。

副作用の起きにくい育毛剤を選ぶコツとしては、安価な製品を選ばない、口コミを確認してから購入する、
メーカーに問い合わせをする、配合されている成分を一つずつチェックするなど、いろいろな方法があります。
隈なくチェックしたうえで、心から納得できる製品を選ぶようにしたいものです。