頭髪

男性用育毛剤と女性用育毛剤の違い

昔は男性のためのものだった育毛剤も、今ではスキンケア商品と同じく気軽に使えるようになりました。
女性用の育毛剤も販売されるようになりましたが、
実際、男性用と女性用では何がどのように異なるのでしょうか?

従来の男性用の育毛剤は、頭皮に皮脂や汚れが溜まりすぎないよう、
男性ホルモンを抑制したり皮脂分泌を抑える成分が加えられているものが多いです。
この時点ですでに女性用とは異なっており、男性に多い脂性肌を考慮して開発されていることがわかります。
http://www.smrc.org/04.html

また、アルコールやメントール成分を加えることによって、頭皮をすっきりとさせるタイプもありますし、
中高年層向けには頭皮へ栄養を補給したり、ミノキシジルなどといった血流を促進させる成分が
含まれているものもあります。

これらの育毛剤は男性に合わせて作られており、女性用とはまったく違うものです。

男性用の育毛剤には「プロぺシア」のような内服タイプのお薬も存在します。
これらの薬は男性ホルモンを抑制する機能http://www.dalvikvm.com/dan.htmlを持っているため、
女性が服用すると妊娠時に胎児へ影響を及ぼす可能性があります。
外用薬・内服薬ともに、基本的に男性と女性では身体の機能が違うことを念頭において使用する必要があります。

対して、女性用の育毛剤は、
逆に皮脂を適度に残しておくような保湿成分が加えられているものが多くを占めています。

女性には脂性肌の割合が少なく、乾燥肌や敏感肌の方が比率としては多いですし、
男性よりも念入りにシャンプーをするため頭皮が栄養不足になっているケースがみられます。

女性用の育毛剤はそのような事情を考慮して、乾いたり栄養が少ない頭皮に潤いや栄養を補給し、
育毛に必要な環境を作るところに重点を置いて作られています。
また、女性用育毛剤には女性ホルモンと同じ成分配合しているものや、自然由来の無添加タイプもあります。

いくつもの商品が出ていますがhttp://xn--8drz33dta354sxlq.name/r_w_zai.htmlに人気ランキングがありますので、そういったもので上位のものから始めてみると良いかもしれません。

以上のように、女性用の育毛剤も男性用のものとは全く違う目的で作られています。
男性が女性用の育毛剤を使用しても、かえって皮脂量が増えたり、肌に合わないと感じるかもしれません。
また、http://www.baltichmc.com/6.htmlには発毛剤とのちがいについてかかれていますのでご覧ください。